お申し込みはこちら
墜落制止用器具のうちフルハーネス型のものを用いて行う作業の業務に係る特別教育

墜落制止用器具のうちフルハーネス型のものを用いて行う作業の業務に係る特別教育について

2018年6月に高所作業で墜落によるダメージから体を保護するために着用する安全帯に関するルールが変更されました。フルハーネス特別教育とは、新ルールに対応し作業者が正しい使用方法を理解して安全性を向上させるための教育 当センターでは、各地で各種講習会を開催しています。 エントリーの際は、受講資格・日時・会場・受講料等をご確認しご応募願います。

墜落制止用器具のうちフルハーネス型のものを用いて行う作業の業務に係る特別教育の概要

対象者
高さ2m以上の箇所で作業床を設けることが困難なところにおいて、墜落制止用器具のうちフルハーネス型のものを用いて行う作業に係る業務を行う方
講習場所
各地、オンライン、DVD
墜落制止用器具のうちフルハーネス型のものを用いて行う作業の業務に係る特別教育の講習内容
作業に関する知識 墜落制止用器具(フルハーネスものに限る。以下同じ。)に関する知識
3.0h
労働災害の防止に関する知識
1.0h
関係法令
0.5h
実技教育(各事業所にてお願いいたします)
1.5h
※実技・演習は各事業所様で実施してください。
※動画(オンライン動画及びDVD)はすべての講座で共通のものとなります。内容としては、安全衛生、送り出し教育について解説しております。

受講方法

※現在、各地で予定しておりました講習会は、新型コロナウィルス感染拡大の予防の為当面の間は、中止とさせて頂いております。ご迷惑をおかけ致しますが宜しくお願い致します。